フェラ動画

一昔前は危ない橋を渡っていて、男性同士のマッチング事業をやっていたことがあります。事業と言うと聞こえはいいですが、要は売春あっせんみたいなもんですよ。それ専門の掲示板で男性同士の出会いを望むゲイにつけこんで、契約している売れないホストを送り込んで性的サービスをする、と言った感じです。男色のエロおやじは結構いて、ホイホイ引っ掛かりました。こちらは商売ですから、空いている商売男たちを送り込むだけです。
金銭が絡むのでトラブったこともあります。しかし、カミングアウトしていない以上、周囲に知られたくないエロおやじたちの弱みに付け込んで、隠し撮りしていたフェラ動画を買い取ってもらうと言う形をとりました。これで、結構儲けさせてもらいましたね。
ちんこ
まあ懺悔にも何にもなりませんが、商売男たちにも本職のゲイを招いて徹底的に性的指導はしてましたから、エロおやじたちも満足していたのではないでしょうか。お金が入って本職のホストだけでは食えない男たちは助かるし、私もその中から手数料は頂くし、エロおやじは存分なサービスに喜ぶし、いいことづくめだったのではないですかね。
でも、正直なところ、心が痛むこともありましたよ。真剣にパートナーを探しているエロおやじもいましたから、騙してお金巻き上げていたのは事実です。商売は軌道には乗っていましたが、良心が咎めるようになってしまって早々に撤退しました。
ただ、隠し撮りを続けたフェラ動画は消さずに持っていますね。中には、結構名の知れた男性もいますから、何かあればこの動画がたちまちものをいう仕組みです。もっとも、今のところ、そんなことはないし、私もこのフェラ動画を世間に公表するような事態にはならないことを祈っています。今のところ、このフェラ動画たちの使い道としては、もっぱら私のオナニー用です。私自身が男色のエロおやじなんですよね。
ゲイとの出会い
ちんこ画像

無修正のノンケ

ここだけの話なのだが、僕が個人で映像クリエイターをやっていた頃、一番の大手顧客は反社会勢力だった。
彼らが資金源としたのは無修正のノンケ動画であり、僕がその映像作りに携わっていたのである。バックに反社があるのはわかっていたが、こちらも食っていくためには仕方がない。反社への協力に首を横に振れるほど強い存在ではなかった。さすがに「うちの組から男優出そうか?」との力添えには丁重にお断りさせていただいたくらいだ。
それはさておき、一般男性向けのエロ動画については何本か監督したことがあったのだが、ノンケ動画はちと趣が異なる。ノウハウは全くない上に僕自身がノーマルだ。エロ動画に出演していた男優たちを中心にキャストは揃えられたが、僕をはじめ誰もがゲイ向けの動画経験は初めてだった。
包茎のちんこを公衆トイレの多目的ルームでたっぷりおしゃぶり
試行錯誤して男優たちとノンケとゲイの絡みを演出して、無修正物でマンコを撮るノウハウを応用して、チンコをひたすらクローズアップした。それが良かったのかどうかはわからないが、完成した作品は結構なセールスを記録したそうで、依頼元からお礼代わりに追加ボーナスも頂けたくらいだ。
ただし、作品は作品である。僕はやっぱりゲイには興味ない。あくまでも、数ある作品の一つとしての位置づけだったので、以降、ゲイ向けビデオの制作依頼が立て続けに舞い込んできた時は、さすがに判断に困った。
だが、その絶頂期は反社の一斉取り締まり劇であっさり幕を閉じた。脱税容疑にわいせつ物陳列罪適用。僕の事務所にも立ち入り調査が入って、仕事が続かなくなり廃業に追い込まれたのである。
今では、その作品は海外の違法アップロードサイトで閲覧することができる。ゲイを演じることに不慣れな男性たちが必死にノンケ相手に腰を振っている姿が微笑ましい。だが、その微笑ましさこそノンケ動画のリアルっぽく感じた。もし、摘発さえなければ、僕は今頃、ノンケ動画の帝王にでもなっていたのだろうか?と妄想する日々である。
ちんこ舐めたい
無修正のちんこ

セックスしたい

俺の彼女、仕事が忙しいんだよね。それで、週末にデートの約束してても、ドタキャンされることが多くて。
それはまぁ、お互い様ってところもあるから、別にいいんだけど・・・
セックスしたい時とか、ちょっと困る(笑)
「今度のデート、絶対にいっぱいセックスしよ」なんて彼女からメッセージくるだろ。
顔、ニマニマしながら「了解」なんて返信するじゃん。
「いっぱい溜めておいてね!」なんて返信来ると、頑張ってオナ禁するわけよ。
頭の中、セックスしたい!でいっぱいにして、彼女に会う!という、地獄から天国ルートを待ち望んでるわけだよな。
それで、当日に「ごめん、仕事だ」なんてメッセージ来ると、もう、発狂しそうになっちゃうんだけど・・・。
セフレ探し
別にセックスしたいから彼女に会いたいわけじゃない、と思う。
だけど、だんだん、こういうことが続くと、なんで付き合ってるんだろうってブルーな気分になって来るんだよね。
セックスしたいってだけの気持ちではない、とは思うけど・・・セックスしたいのに出来ないというフラストレーションから、彼女の存在が天使から悪魔に変わっていくの。
俺にとって、「いいもの」をくれる彼女。俺から「いいもの」を奪う彼女。両方とも同じ女なんだよね。
せめて、月に一度でも「絶対にエッチできる日」というのがあれば、こんな風には思わないのかもしれないけど、その絶対が彼女の場合、ないからさ・・・。
俺ばっかり我慢させられて、俺ばっかり無理して・・・こんなんで続けていけるのかな。
割り切り
割り切り

援交デリ

結婚して15年。子供には恵まれませんでしたが、夫婦仲はいい方だと思っています。しかし、その15年の中で私が事業に失敗してしまい借金に背負う生活を送らせて妻も借金返済のために頑張って働いてくれて去年ようやく借金が返済出来ました。ここまで頑張ってくれた妻に感謝している私。
しかし、借金返済と同時に妻が突然犬を拾ってきました。子犬ではなく成犬。友達が犬が飼えないところに引っ越すから飼ってほしいと言われて貰ったという妻。ここまで頑張ってくれた妻に私は断る理由もなく犬を飼うことに。ところが仕事が休みの日に妻と一緒に犬と散歩しましたが一向に私に懐かない犬。妻には懐きます。ところが散歩途中で会った男性に犬が近寄り甘えてきました。男性はニコニコしながら犬を撫でていました。初めて会う男性なのに何か嫌な予感がしました。
援交
それからしばらくして近所の人から知らない男性と歩く妻を見たと言われました。特徴を聞くとこの前に散歩であった男性に似ていました。浮気していると思いました。妻の携帯を見るとやはりあの男性らしき人との連絡のやり取りがありました。散歩の時に会った時も時間の指定をしていました。私は妻に問いただすと、彼は援交デリで出会った人。借金返済のために随分お世話になったのよ。援交デリを40代の妻がやっていたことにも驚きましたが、それが恋愛に発展して複雑な気持ちでした。そして、私に離婚するならしてもいいと言われ、突然のことに頭が真っ白になりました。
援デリ
援女

29歳独身男性会社員の即ハボ体験記

わたしは仕事だけを繰り返す毎日で異性と触れ合う機会もしばらくありませんでした。
異性と触れ合いたい気持ちは強くなるばかりでしたが、彼女もいないのでその気持ちを解消することができなかったのです。

そこでわたしはワクワクメールというインターネットの出会い系サイトを利用しました。
即ハボする相手を見つけるために利用したのです。
出会い系サイトの利用ははじめてだったので、不安でしたがわかりやすいサイトで安心して使うことができました。
自分の好みのタイプを指定して検索することができるので、即ハボしたい女性をすぐに見つける事ができたのです。
彼女の顔を見たとたん即ハボしたいという衝動が沸き起こりました。
相手にメッセージを送って返事がくれば相手も自分のことを気に入ってくれたということです。
メッセージを送ってすぐに返事をもらうことができました。
そこでわたしの気持ちは即ハボしたいという気持ちが大きくなってしまったのです。
欲情した気持ちをどう抑えればいいのかわかりませんでした。
しばらく触れていなかった女性の身体に触れることができるのです。

相手もわたしのことを気に入ってくれたので、すぐに会う約束をすることができました。
まずは仲良くなるために食事の約束を取り付けたのです。
実際には会ったその日に関係を持つ目的でした。
会話をしていく中で相手もわたしと同じ気持ちだと知ることができたのです。
その日のうちにそういう関係になることができました。
ここまでスムーズに希望通りに物事が進むとは思っていませんでしたが、相手はわたしのタイプだったので満足しています。
顔が好みであるということはもちろんですが、身体も女性らしく胸も大きく満足できる相手でした。
街中でナンパのように女性に声をかけるということは無理ですが、出会い系サイトであれば気軽に積極的にアプローチすることができるのです。
また性欲がたまったときにはワクワクメールを利用して、好みの女性を探して即ハボしたいと思っています。

38歳専業主婦の出会い系体験記

夫が仕事にでかけるといつもハッピーメールのメールボックスを開きます。
するとキレイだとかカワイイだとか女としてのプライドを満たしてくれる言葉をくれる
男の人からのメールが大量にあります。これを眺めながらテレビを見ながらビールで一杯やるのが
一番充実した過ごし方ですね。
まだ実際に会ったことはないんですが、最近この人なら会ってもいいかなって思える人が
現れました。24歳の大学院生です。理系で研究者らしく話をしていてもすごく理知的で
ユーモアに溢れていておもしろいんです。頭のいい人って好きです。特に旦那が高卒の
筋肉バカだし私もバカだからそういう人に対して憧れみたいなのがあるんですね。
でも実際に会ってみてすごく不細工だったりしたらいやですね。向こうはものすごくイケメンって
わけじゃないなんて言ってましたけど、どの程度なんだろうってさぐりを入れてるところです。
でもまあハッピーメール内でこのままメールし続けていると向こうはお金がかかるみたいだから
いつかはメールのやりとりも終わっちゃうのかもしれません。そうなったらなったで少し
寂しい気もするし。向こうは当然会うことをゴールにしてるんだろうなとは思いますしね。
旦那とも最近は全く手も触れない状態ですからこのまま40代に突入する前に若い男の
彼氏の一人や二人作っておいたほうがいいのかもしれないなって思いますね。
おばさんになる前に若い男のエキスを吸っておかないと、なんてこの発想自体既に
おばさんなのかもしれません。