セフレが欲しい

会社の仲間と久々に飲みました。仕事の愚痴から始まり、俺は付き合っている彼女に対しての不満を話したりと楽しい酒の場になっていました。そんな時、その中の1人哲夫が席を外して電話で話していました。すぐに戻ってくるかなと思っていましたが、30分経っても全然戻りませんでした。俺がトイレに行くと隣のトイレで話し声が聞こえました。しかも哲夫の声でした。「分かった。お前だけが愛してるよ。美希。」俺がトイレから出ると哲夫も同じタイミングで手で「美希ってお前の奥さん。」と、聞くと「セフレです。」その言葉に驚きとめちゃ羨ましいと思いました。セフレが欲しい俺は哲夫にどうやって出来たのかと席に戻ってもその話に盛り上がりました。周りの仲間もセフレが欲しいと言って俺たちの会話を真剣に聞いていました。
出会い系アプリ
その後哲夫から紹介されたサイトを利用して2ヶ月後にようやく1人の女性と連絡が続くようになりました。続けている時も付き合っている彼女にバレないように、彼女といるときはスマホを触らないようにしました。
そして知り合って1ヶ月後、遂にセフレ目的の女性と知り合うことが出来ました。見た目は普通だけど、会って話すと下ネタトーク全開。まさかこういう人に出会えるとは思ってもいませんでした。そして、その女性から普通のプレイには興味がないと言って、人がいるところで痴漢プレイをしてみたいなど、やりたいエッチを要求してきます。もう、男の俺が驚いてしまうくらいです。
出会い系でセックス
セフレアプリ