デブ専パパとの食事デート

周りの友達より少し太っている私。だけどそこまで太っていると思っていないし、デブじゃなくぽっちゃり体型と自分では思ってます。そんな私は会社でも男性ばかりの職場なので若い女性は私だけということもあって可愛がってくれます。周りからは笑顔が可愛い。ぷにぷに感がいいと言ってくれて私は他の人より可愛いと思いました。そして、そこで働く佐藤さんからよく食事に誘われ2人で出かけます。私と10歳年上で独身の佐藤さん。彼は私に気があると思った私は彼の前ではさらに甘えてしまう私。食事するとタクシー代を多めにくれるし本当にいい人。
愛人募集掲示板に投稿した不細工で激太りしている主婦
ある日、同じ職場で働く加藤さん。彼は毒を吐くので少し苦手ですが2人きりで事務仕事をしていると「デブ専パパとの食事デートどうだった。」と、聞かれました。デブと言われ誰と思ったし、パパと言われてもピンときませんでした。すると彼の話はまだ続きました。「佐藤さんデブ好きだからね。デブ専パパとの食事デートして、お小遣いどのくらい貰っているの。みんな気になってるよ。」そのときに自分がデブでまわりからそう思われていることにショックを受けました。私は誰もいない会議室で佐藤さんに連絡してこの出来事を伝えると「加藤君が言ってることは間違いじゃないよ。だって食事デートしてるし、お小遣いも貰ってるだろう。俺はデブ大好きだし、君が凄いタイプだから一緒に食事が出来て嬉しいよ。」もうショックでした。この後も食事や開き直ってホテルにも誘われます。好きという気持ちは変わりないのでパパではなく恋人として付き合ってくれないのかなと思ってしまう私です。
無修正のちんこ
ノンケのフェラ友